ヨガインストラクターを求人サイトで探す!【フリーランス編】

ヨガインストラクターの求人でフリーランス募集を見かけることがありますよね。

フリーランスの働き方って、どんな働き方なのか疑問に思っていることもあると思います。

フリーランスってよくわからない

この記事ではフリーランスの働き方、正社員やパート、アルバイトとの違いをできるだけ詳しく書いています。

フリーランスの求人サイトの探し方おすすめの求人サイトのご紹介もしています。

また、フリーランスで働く場合の収入やメリット、デメリットも気になるところですよね。

あなたがフリーランスで働きたいと思っているのであれば、この記事を読めばあなたの疑問を解決できると思います。

記事を最後まで読んでフリーランスとして働く一歩を踏み出してくださいね。

スポンサーリンク
目次

ヨガインストラクター求人サイトの探し方をご紹介

ヨガインストラクターのフリーランス求人はネットで探すことができます。

ヨガインストラクターのフリーランスに特化した求人サイトもあって、ネットで応募することができますよ。

ヨガインストラクターのフリーランスは業務委託契約になります。

ヨガインストラクターとしてフリーランスで働くメリットは、柔軟に働くことができるということです。

フリーランスでの働き方もスタイルはさまざまです。

ヨガスタジオに入社してフリーランスのインストラクター契約をすれば、そのヨガスタジオの方針に従ったレッスンを提供することになり、一日のレッスン数も決められた本数だけこなすことになります。

フリーランス契約で働いてるヨガインストラクターは多いです。フリーランス契約をしていると、自分の都合に合わせて仕事を調整できます。

副業や家事との両立をする場合は、ヨガスタジオなどに入社せずにフリーランス契約をするのもいいでしょう。

オンラインのインストラクターも多くなっているので、スタジオでするのかオンラインでするのあなたに合った働き方を見つけて下さいね。

ヨガインストラクターのフリーランス求人サイトをご紹介しますね。

スクロールできます
indeed求人ボックス
YOGA Job
求人数249156646
対応年齢20~30代前半20~30代20~30代
対応エリア全国全国全国
サイトの特徴求人サイトのなかでは最大級のユーザー数仕事探しを支援するデザインと機能が備わっています登録したスキルに合ったスタジオからのスカウト機能付き
indeed求人ボックスYOGA Job
2022/12/14現在

indeedでヨガインストラクターのフリーランスを探す

引用元:indeed

「仕事探しは~♪」でお馴染みの求人最大手のindeedです。

indeedにもヨガインストラクターフリーランスの求人が全国多数掲載されています。募集件数が多いため、応募条件も様々です。

ヨガインストラクターの経験者や資格を取得している方が応募先は多くなります。

indeedは「求人検索エンジン」です。「キーワード」「勤務地」の2つの検索軸があり、キーワードを入力するだけで、親和性の高い求人情報のページが検索結果として表示されます。

日本における登録企業数は17万社以上となっています。(2020年9月Indeed調査)

多くの企業が採用活動にあたりIndeedを活用していることが分かりますね。

あなたもindeedの検索画面でキーワードを入力して、ご自身の希望する条件を見つけて、フリーランスのヨガインストラクターとして活躍してくださいね。

求人ボックス

引用元:求人ボックス

求人ボックスもキーワードで検索することができます。全国の求人が載っていますので、希望の勤務地を入力することを忘れないで下さいね。

求人ボックスは食べログなどでお馴染みのカカクコムが運営する求人情報の一括検索サイトです。2015年にリリース以降、利用者が増加しています。

2020年5月には求人ボックスの月間利用者は500万人を突破し、その後も伸び続けています世界最大級の求人サイとindeedにおいつく可能性もあるかもしれませんね。 

求人ボックスでは求人ごとのクリック率などユーザーの履歴を分析し、そのユーザーのニーズに合わせた求人かどうか評価をしてくれます。

求人ボックスであなたのニーズに合ったフリーランス契約ができるといいですね。

YOGA Job

YOGAJobでは職種や勤務地・契約形態など絞込検索から求人情報を探すことができます。また職種だけでは分からないホットキーワードからも検索可能です。

スカウト機能があり、あなたが登録したスキル情報を見て、掲載スタジオからアプローチがきます。スカウトは通常の求人応募と比較しても書類選考通過確率がアップ!!活用しない手はありませんね。

YOGAJob内のメールを使用することで。あなたと応募先がスムーズにやり取りができるように、メッセージ機能があります。ご自身のメールと混同しなくていいですよ。

ヨガインストラクターとしてフリーランスの働き方を希望する場合は、ヨガ資格を取得していた方が希望に合った場所で働くことができると思います。

東京や大阪の求人をご紹介している関連サイトがあるので、あなたに合った応募先を見つけることができる可能性がありますよ。

ヨガインストラクターの求人サイト以外でフリーランスを探す!

ヨガインストラクターとして、フリーランスで働く場合は、まずヨガインストラクターの資格を取得することをおすすめします。

ヨガ資格に取得方法は、ヨガインストラクター養成スクールに通う、自宅でオンライン講座や通信講座を受講する方法があります。ヨガインストラクターとして働く場合に資格は必須ではありませんが、フリーランスとして働く場合は資格取得が条件になっている場合が多いです。

フリーランスで働く場合はヨガの資格を取得している方が有利です。ヨガインストラクターの資格が自宅でも取れるおすすめ講座の関連サイトがあるので、ぜひ参考にして下さいね。

ヨガインストラクターの求人サイト以外でも、フリーランスとして働く方法がありますのでご紹介しますね。

  • 派遣サイトに登録する
  • スタジオやジムのサイトを確認する
  • ヨガ資格を取得したスタジオで働く
  • SNSを使って発信する

ヨガインストラクターの派遣サイトに登録する

ヨガインストラクターの派遣サイトに登録する方法があります。

ヨガインストラクターの派遣にも登録しておく方が良さそうね。

ヨガインストラクターの派遣を企業やイベントに行っている会社もあります。

講師登録をしておけば、依頼がある可能性もあります。ただし、遠くへ出向く場合もあるので、時間に自由が効く人におすすめします。

ヨガスタジオやスポーツジムのサイトを確認する

あなたの住んでいる近くのヨガスタジオやスポーツクラブなどの公式サイトを定期的に見て、募集が出ているか確認をするといいですよ。

ヨガスタジオのサイトに求人がでていなくても募集している場合がありますので、電話で確認するのもいいと思います。

電話をかけることで、あなたがヨガインストラクターとして働きたい情熱が伝わる場合があります。

ヨガ資格を取得したスタジオで働く

あなたがヨガ資格を取得したスタジオで働くのもおすすめです。

ヨガ資格を取得したスタジオであれば、新人インストラクターをフォローしてくれる制度が整っている場合があります。

新人インストラクターとして働く場合は不安もあると思うので、資格を取ったスタジオであれば安心して働くことができるでしょう。

フリーランスとして働く場合は、しっかりと契約書を読んで納得したうえで契約を結んで下さいね。

契約書を読まずに契約を結んでしまうと後から問題が出てくる可能性があります。

出張ヨガ

企業などと契約をして、企業で働く人の健康増進を目的として行う出張ヨガです。

昼休みや業務終了時間に合わせて、会議室などでヨガの講習をおこないます。

フリーランスとして直接企業と契約ができる場合があります。

また、企業だけではなく依頼主の指定した場所でヨガの講習を行うこともあります。

SNSを使って発信する

現在はSNSの普及率が高く、個人での発信力が高まっていますよね。ヨガインストラクターは人気のある職業で特にフリーランスで働く場合は競争率が高くなります。

SNSを駆使し、自分の強みをアピールすることでヨガインストラクターとしての知名度を上げる活動をしているヨガインストラクターも数多くいます。

ヨガスタジオなどに所属せずにSNSで発信をして、あなたの都合の良い時間でレッスンできるのもメリットと言えるでしょう。

また、ダブルワークを考えている場合もSNSを使って発信するのも良いと思いますよ。

ヨガインストラクターはフリーランス以外でも、さまざまな働き方があります。ヨガインストラクター未経験でも、求人に応募できるポイントなどをまとめている関連サイトがあるので、読んでくださいね。

ヨガインストラクターのフリーランスと正社員の違い

ヨガインストラクターのフリーランスとは業務委託契約のことです。

ヨガインストラクターの働き方にもいろいろあります。

ヨガインストラクター業務委託契約とは、スタジオやスポーツジムに所属せずに、個人事業主という形でスタジオやスポーツジムと契約を結びます。

あなたの都合に合わせた働き方ができるメリットがあります。

フリーランス契約と正社員の違いは、正社員は所属しているスタジオやスポーツジムでレッスンを行います。ヨガインストラクターとして働ているけれども、事務処理やスタジオの掃除など他の雑務も含まれます。

正社員で雇用されている場合は、社会保険など福利厚生面も充実しています。

フリーランスで契約をした場合は、ヨガのレッスンのみで雑務は含まれませんが、社会保険などは個人の加入となり福利厚生の利用はできません。

採用の確率は、フリーランスを希望するよりも正社員の方が採用してもらいやすいです。

採用確率や安定面を考えると正社員のほうがいいのかな。

フリーランスと正社員の給与を解説

フリーランスとして契約した場合の報酬は、インストラクターとしてのスキルやレベルによって大幅に変わることもあり、

正社員として雇用された場合は月給21万円くらいからです。経験やレベルによって変わる場合もあります。

大手ヨガスタジオが経験者を採用した場合は、初任給がアップされる場合もあります。

ヨガインストラクターとしてのスキルアップをすることで、給与がアップにつながりますよ。

あなたの生活に合った働き方を選んで下さいね。

ヨガインストラクターフリーランスで働くために必要なこと

ヨガインストラクターとしてフリーランスで働くために準備が必要です。

ヨガインストラクターはヨガ資格を取得していなくても、インストラクターとして働くことができます。

しかし、ヨガインストラクターはヨガを教える立場になります。人にヨガを教えるほどの経験と技術が必要になります。

教える立場として、それなりの経験は必要ね。

働き方も副業にするのかヨガインストラクターを本業として続けるのか決めなければなりません。

ヨガインストラクターとして独立する場合は、収入によって個人事業主の届け出や社会保険の変更などが必要になります。

また、フリーランスで働く場合は予定の管理も全て自分で行わないといけません。

ヨガインストラクターフリーランスで働くために必要なことを解説していきますね。

  • 個人事業主として開業届を出すと節税対策できる
  • 体調管理やスケジュール管理
  • ヨガ技術のスキルアップ
  • 収入面のリスクに備える

個人事業主として開業届を出すと節税対策できる

先ほどもお伝えしましたが、フリーランスとして独立をする場合は個人事業主としての届け出が必要になってきます。

個人事業主の届け出は必ず必要なの?

必ずしも必要ではありませんよ。

個人事業主で申告する場合の確定申告は青色申告になります。

青色申告のメリットは節税効果があり税金が安くなります。

私は節税対策のために個人事業主の届出を提出しています。

体調管理やスケジュール管理

体調不良によってレッスンを休まないといけない場合は無収入になってしまうので備えが必要です。

ヨガインストラクターとしてフリーランスで働く場合は、レッスンの本数で報酬が決まります。

フリーランスとして生活をしていくためには、レッスン数を増やす必要があります。

レッスンを無理に詰め込み過ぎると体調を崩してしまう可能性があることも忘れないようにしましょう。

フリーランスとしてヨガスタジオなどと契約している場合は、あなたが休んだときはレッスンができなくなります。

もし、体調不良で休んだ場合には代わりにレッスンをしてくれる代行を探す必要に迫られます。

体調管理には十分気をつけるようにして下さいね。スケジュール管理もあなた自身で行わないといけません。

無理にレッスンを詰め込み過ぎて、次のレッスンに遅れそうになることや、ダブってレッスンを入れてしまわないように、スケジュール管理が必要になります。

プロ意識を持ってフリーランスとしての責任を果たすようにしましょうね。

ヨガ技術のスキルアップ

ヨガ技術のスキルアップをすることで、報酬面でも期待が持てます。

報酬面だけではなく、生徒さんからの信頼も高くなります。

また、求人サイトへの応募の幅が広がりますので、スキルアップの時間を確保することも忘れないでくださいね。

フリーランスとして働く場合は信用度もアップします。

収入面のリスクに備える

フリーランスとしてお仕事がすぐに決まれば問題はないですが、決まらない場合は生活費の確保が必要になります。

ヨガインストラクターとしてフリーランスで働く場合は、収入が不安定になるためデメリットと言えるでしょう。

ヨガブームが高まる反面、ヨガインストラクターの数も増加しています。ヨガスタジオやスポーツジムのヨガインストラクターのフリーランス募集のオーディションに応募しても競争率が高くなっています。

ヨガスタジオで社員、パートやアルバイトとして働くよりも、収入が安定するまでに時間がかかると考えておいた方がいいでしょう。

また、体調不良によってレッスンを休まないといけない場合は無収入になってしまうので、その場合の備えも必要になってきます。

一般的にフリーランスとして独立するために必要な額は、300万円と言われています。

手元に資金がないと不安になってお仕事にも影響が出る場合がありますので、気持ちとお金に余裕を持って始めることをおすすめします。

まとめ

  • ヨガインストラクターとしてフリーランスの求人を探す方法はネットで検索することができますよ
  • ヨガインストラクターに特化した求人広告がある
  • ヨガインストラクターとしてフリーランスで働く以外には、4つの方法がある
  • フリーランスとして働く場合は資格取得が条件になっている場合が多い
  • ヨガインストラクターの求人サイト以外で、フリーランスの働き方を探す方法がある
  • フリーランス契約は、自分の都合に合わせて仕事を入れることができるが、収入面で不安定になることがある
  • フリーランスとして働くには、開業届を出すことで節税対策ができる
  • フリーランスとして働くには、健康管理やスケージュールの管理が重要である

ヨガインストラクターとしてフリーランスで働く場合は、ネットで求人検索ができます。

派遣に登録したり、卒業をしたヨガスクールにアフターフォローを利用することができる場合もあるのですね。

フリーランスは自分の都合に合わせてレッスン予定を入れることができますが、体調不良などで休んだ場合はレッスンに穴をあける場合も出てきます。健康管理は重要ですね。

ヨガインストラクターの資格を取得して、フリーランスとして働くことができるといいですね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次