人間のカラダは奥が深い【多くの人と関われば関わるほど感じます】

人間のカラダは奥が深い【多くの人と関われば関わるほど感じます】

2019年7月2日 ダイエット 0

こんにちは、イサムです。

最近はお陰様で、パーソナルトレーニングという一枚看板から、グループレッスンという二枚看板へと邁進する日々が続いています。

 先日に下記のツイートをしました。

 

 

ボクサーの縄跳びとか有名ですが、ステップって思ってるよりキツイですよね。楽にやろうと思えばできるけど、カラダを揺らさないように、お腹に力を入れてやるだけで格段にキツくなる。でもその姿勢が姿勢改善にも動く時の体幹にもつながってくる。人間のカラダは奥が深い

 

 上記を深掘りします。

トレーニングであまり効いてる感じがない人へ向けて書いていきます

 

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードサーチ

なんとなくトレーニングをやってしまっている人に同じ事でも効き方が違うという事を書いてみる

トレーニングが終わって余裕な人は、やり方が違う、負荷が違う、意識が違う、この三種類だと思われます。

 

結論:どの動きをする時も、その部分に効かせるためにカラダを使わないでやってみる

人間は自動的に楽なほう、自分のやりやすい方、キツく無い方へ無意識になっていきます、、、そういう時には意識的にキツイやり方をしてみる事」を勧めます。

 

✔︎下っ腹に力を入れるだけでも全然違う

理由は簡単で、お腹に力を入れる事でカラダが締まり、ブレにくくなります。そうする事によって、無意識にカラダが動くという事を防げる=キツいという事になる。

 

冒頭で例をあげさせて頂いたツイートでも書きましたが、

縄跳びのような一見楽な動きでも

意識をして行う事で、負荷は自在に変えられるのです。問題はどういう意識でその動きを行うかであるという事です。
 
 
僕は沢山の動きでこれを試しました。
 
 

キツくなかったら、その動きをお腹に力を入れて一度やってみる

 

結論は自分のフォームを再確認して、カラダが揺れてないかなどをチェックしてみるということです

 
 

カラダがブレる効かせたいところに効かない、カラダの力に頼ってしまう、楽な方楽な方へ進んでしまう

固定させる効かせたいところに効く、その部分に重点的に負荷がかかる、あっという間にキツくなる

 

上記のとおりです。

 

 

結構トレーニングで大事な要素なので是非チェックしてみましょう
 

 

そして、お腹というのはカラダの核である。よく体幹と呼ばれるもの、これをつけていく。アクションのパンチやキック、ジャンプ、よけ、全て体幹が大事になります。

そこがしっかり固定されているから、綺麗なパンチやキックができる

そんな感じ。

 

カラダを自在に動かせる幹を作る

というわけで、今回はこれくらいにします。

 
ぜひ自分のやりたい動きができない時、効かせたい部分に効かない時、試してみてください。
 
繰り返しですが、キツいほど筋肉はつくし、難しいしい動きもできる
 
それを意識して何度も動いてみる
こんな感じが良いと思っています。
 
下記は

最近ACTION STYLEの看板の1つとなっているグループレッスンです。

ぜひこちらもご覧ください