【判断は難しいですが】休むことも大切です。【頑張るだけがダイエットではない】

【判断は難しいですが】休むことも大切です。【頑張るだけがダイエットではない】

2019年7月21日 ダイエット 0


 

こんにちは、イサムです。
 
どんどん新しいチャレンジがすすんでいます。
来週はベトナムへ行ってきます。
 
 先日に下記のYouTubeをアップしました。
 

 

👉https://youtu.be/fvs4lZMflxI

トレーニングは基本的には毎日やっていいと思っています。

それは継続することがとても重要だからです。

しかし、例えば

ACTION STYLEでおこなう90分のレッスンを毎日やることは、負荷が高いので行いません。

それをやるとよくいうオーバーワークということになる可能性が高いからです。

 

 
スポンサードリンク

 


 
 

「休むことも大切」という事について書いてみる

 

 
トレーニングの負荷によって、休むことが大切な時があります。
 

結論:負荷が高いものは毎日やらないほうがいい。

 
しかし、例えばACTION STYLEでだす家でやってもらう課題(1分間のV字腹筋、パンチなど)のような、ぱっと出来(時間が短く)きついものとなっているような、負荷の低いものは毎日やって大丈夫です。
 

負荷の高いトレーニングは毎日やらないほうがいい休むことで筋肉がつく、超回復というものがあるからです。

 

では、負荷が高いとはどういうこと?
 

例えば腹筋を3セットやると、1セット目より3セット目のほうがきつい、痛い。疲れている時にやるとさらにきつい。

これは、1セットしかやらないのと比べると負荷は高いですね。

また、バーベルなどの重いものを持つのも負荷が高いです。

ただ、自重の場合はなかなか判断は難しいものです。

 
 

例えば腕立て伏せをいつも30回しかできない人が100回やったら負荷が高い。自分が何%でやっているかを考えるといい。

 
結論は自分の限界をはるかに超えたトレーニングをおこなった場合は、休むことが大切ということです。

 
 

重い器具を使ったトレーニング毎日やらず休むことが大切。
自重トレーニング自分の何%でやったトレーニングか判断し、負荷が高ければ休むことが大切。
 
 
上記のとおりです。

 
ただ、負荷の高いトレーニングであっても、違う部位であれば毎日おこなっても大丈夫です。
例えば、今日胸、明日お腹、明後日背中というように。
 
そんな感じ。
 

負荷の高いものは毎日やらないほうがよいが、部位を変えれば毎日やっても大丈夫。

 
というわけで、今回はこれくらいにします。